揚げ代(料金システム)

貴方にただ射精させればいいだけならここまで拘りません。射精に至る過程を旧き良き歴史浪漫で満たし、絢爛豪華に演出したい。そんな思いが、充実した基本プレイと多彩なオプションプレイ群に表れています。しかも最高級の女の子を激安店並みの低価格でご提供。関西圏屈指の良心経営を自負しております。
さあ、城下で性の温故知新を。

※当店は税別表示です。表示料金の他に、別途消費税を申し受けます。

日本文化は古来よりコメ作りと深い関わりがあり、武士の給金も米の価値で支払っていた為、米からご飯が出来るまでを料金頁の背景として使用いたしました。

基本コース

特殊コース

指名料・交通費

オプションプレイ四ツ目屋道具(大人のおもちゃ)

1626年(寛永3年)、江戸は両国薬研掘(やげんぼり)(現在の東京都中央区日本橋)に「四ツ目屋」という性具秘薬の専門店が開店しました。これが日本初のアダルトショップの誕生と言われています。「四ツ目屋」の店内は人の顔も見えないくらい薄暗く、それほど人気もなくて客が声をかけて初めて店の者が奥から顔を出すといった有り様だったそうです。しかしながら当時話題になったことは確かで、以来長らく性具は四ツ目屋道具、秘薬は四ツ目屋薬と呼ばれていました。四ツ目屋道具の普及に多大な役割を果たしたのが、小間物屋です。行商人である彼らは、紅や白粉、爪楊枝などの細々とした物と一緒に性具を売り歩きました。小物問屋が扱っていた性具には、例えば次のような物があります。
1000円

女中仕へ

2000円

ぺいこのいんぽ

3000円

張形(はりがた)

即舐陰(そくしいん)

白足袋扱き

御居処(おいど)叩き

香道

按摩(あんま)

4000円

目隠し責め

馬子唄(まごうた)

滑滑(ぬめぬめ)液体風呂混浴

玉吸い

微細振動器

恋文町飛脚

5000円

互形(たがいがた)

天狗寝台自慰見物

しし

下草刈り

梅安汁地獄

口玉門(くちぼぼ)

上野撮影局

玉門(ぼぼ)拓本

精汁搾り

6000円

腰巻の土産

即口取り

7000円

吾妻形(あづまがた)

電動張形

8000円

緊縛巻き

剃毛(ていもう)

10000円

御居処玉門(おいどぼぼ)

精汁吸い取り

15000円

和髪ぶっかけ

蛸と海女

20000円

あれ〜〜〜帯ほどき

ムコ殿・・・(140分)

30000円

野壷

↑頁の上部へ移動

  • バクフ・アナトミア
  • いろはカルタ
  • 図書館
  • 活動写真
  • 電脳日記
  • 人気番付
  • 求人情報
  • 縁結び
  • デリヘル幕府を携帯でも
  • 丸得瓦版