◆◇馬子唄(まごうた)◇◆金四阡圓也

(人間馬 4,000円)

江戸の太平の世になると軍馬としての馬の需要は減り、一方に市民経済の発展に伴って荷馬に用ゐらるるものが増えき。また、田の耕作や木材の搬出、副次的に馬糞を田畑への肥料とするため農馬としても飼養されき。さるほどに、貴殿を馬として扱ふに女子の支配欲を、貴殿の被虐性行を心ゆかする色道がこちら。貴殿は従順なる使役馬に、女子は有能なる馬方になりきるが肝要なり。人馬一体の境地に達する頃、貴殿の魔羅は馬並みに膨張したるならむ。

(現代語訳):江戸の太平の時代になると軍馬としての馬の需要は減り、一方で市民経済の発展に伴って荷馬に用いられるものが増えました。また、田の耕作や木材の搬出、副次的に馬糞を田畑への肥料とするため農馬としても飼養されました。さて、貴殿を馬として扱うことで女性の支配欲を、貴殿の被虐性行を満足させるプレイがこちら。貴殿は従順な使役馬に、女性は有能な馬方になりきるのが肝要です。人馬一体の境地に達する頃、貴殿のペニスは馬並みに膨張していることでしょう。