◆◇按摩(あんま)◇◆金参阡圓也

(クイックマッサージ 3,000円/15分)

寛政拾壱年に著されし藤林良伯『按摩手引』によらば、按摩の按は瀉法を意味し、摩は補法を意味すとあり。経絡に沿ひて「虚」、「実」をことわり、按と摩を使い分けて身体の気血を循環さすることにより自然治癒力を高め、健康を維持・促進さするを基本的な案方としたり。

(現代語訳):寛政11年(1799年)に著された藤林良伯『按摩手引』によれば、按摩の按は瀉法(しゃほう:亢進した機能を抑制したり、過剰物質を排除する治療法)を意味し、摩は補法(弱っている臓腑または経絡に刺激を与えて正常にもどす療法)を意味するとあります。経絡に沿って「虚」、「実」を判断し、按と摩を使い分けて身体の気血を循環させることにより自然治癒力を高め、健康を維持・促進させることを基本的な考え方としています。