◆◇野壷◇◆金参萬圓也

(スカトロ 30,000円)

女子の糞垂れし様を見物し、ついでによりては身体に浴ぶる粋狂なるお遊びなり。因みに、江戸世は野壷いで作りし堆肥が主要なる肥料なりき。農家自身の糞を使ふのみにあらず、農家が都市部の長屋などより糞を購入したりき。糞尿の運搬には、肥(こえ)桶(たご)を提げし天秤棒を用ゐき。肥溜めいで糞尿は十分に発酵させらる。その発酵熱により高温・低酸素状態となり寄生虫などは死滅しき。

(現代語訳):女性のし尿排泄の様子を見物し、場合によっては身体に浴びる粋狂なプレイです。因みに、江戸時代は野壷(肥溜め)で作った堆肥が主要な肥料でした。農家自身のし尿を使うだけでなく、農家が都市部の長屋などからし尿を購入していました。し尿の運搬には、肥桶を提げた天秤棒を用いました。肥溜めでし尿は十分に発酵させられます。その発酵熱により、高温・低酸素状態となり寄生虫などは死滅しました